スターピープル・スターシード・スピリチュアル情報サイトはこちら

自分軸という核を持って地球で生きる。

言葉綴

【縁】を彩り【ぱすてる】でつなぐ”縁ぱす”です。
いつも、縁ぱすの言葉綴をお読みいただきありがとうございます。

「人のために生きなさい」とよく言われませんでしたか。

良く育てて頂いた親からなど
「人のためになるように生きなさい」
と言われてきませんでしたか。

実は自分自身は親にはそのように育てられた覚えはなく。
「お前の好きなように人生を歩みなさい。その代わり私たちは責任を取らない。」と言ったような育て方でした。

おおらかでかつ大胆な育て方だったのではなかったかなと思います。

結構、自分のセッションを受けてくださる方のなかで
「人のために生きる」ことに必死になってしまっている方もいて
「そうじゃないよ…」と伝えています。

自分軸をしっかり持ったうえでの「人のため」

すごく簡単な事なんだけど、難しいこと。

自分軸を持ったうえでの「人のため」
結構それが同業者の方でも意識として多いと思います…。

自分軸とは、それぞれ解釈があるかと思いますが、自分自身はとしては

「自分の信念」を自分軸の一つとして考えています。
その軸をぶらす。誤魔化してまで「人のため」を考えていません。

自分軸をないがしろにして「人のため」活動をすることで
息苦しくなり自身を置いてきぼりにしてつらくなっていきます。

そこを自分は早々に気づくことができ生きることができています。
だから「人のため」も本当に純粋に真っすぐ気持ちよくできるんです。

具体例

「愛のため」の「自己犠牲」

愛に応えようとするがあまり
「相手に合わせなきゃ」
「相手に好かれなきゃ」
「相手の力にならなきゃ」
そうしないと

「愛に応えられない」

と相談されることがセッションで多いのですが。

そこは、もちろん大事な部分でもありますが…

「自分軸」

がどうなっているのか。

軸という表現をしてるので

「自分軸が折れていないか」(無理をしていないか)

が重要になってきます。

「愛」のために

「自分軸」を犠牲にする。
それが真実の愛でしょうか。

宇宙の愛でしょうか。

宇宙の愛は何でも寛容で制限なんてないのです。

地球は制限を学びに来ている部分もありますが
自分自身の存在に制限をかける必要はないのです。

だから不毛な愛(不倫等)があり「自己犠牲」の精神で成立してしまうのです。
自分の場合、その愛が「自分軸」を折ってまで大切なものかどうか。

ご自身の自分軸が例えば

1対1での付き合いしか譲れない

男女の付き合いしか譲れない

付き合うからには身体の関係も絶対必要

フリーラブが好き

様々な役割の愛がある

身体と心の付き合いは別だ

などなどの「自分軸」をお持ちの場合。
そんな「自分軸」を壊してまで「愛のため」に行動できるか。
地球で生きているかなのです。

そこができることは強いから…と言われそうですが。

地球にはたくさんの人間がいて
出会いの方法、仕方も手軽にできる時代になったからこそ。

「自分軸」を置き去りにしない「愛」を見つけてください。

ここは、これから地球を生きていくうえでとても重要な事。
また、自身を成長させるため、自身の軸を強固にするため
様々な「愛の試練」が2020年以降も増えてきます。

試練というと怯えてしまう方もいるかもしれませんが。
愛の試練は結構楽しいですよ。

純粋に自身を知るための直結スピリチュアルワークショップになったりするので。

最後に

片思い

これって実はイイことであるし、自分を知るためのプロセスです。

片思い中に実現できない事。
これが大切にしている「自分軸」だったりするのでそれをきちんと胸に覚えておく。メモにしちゃってもいいかもしれません。

片思いって自分と結構向き合えるし、相手が応えてくれないから「片思い」となる。そこで何が自分軸として「愛」で重要視しているし理解が深まります。

そして、こんな時代なのでその自分軸の「愛」の条件を満たす相手を何かしらで募ってみても実現が早いかもしれませんね。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
アナタに素敵なご縁がありますように。

縁ぱす アルマメッセンジャー 雄介

タイトルとURLをコピーしました