縁ぱすについて

”縁ぱす”、これは、代表者が考えた造語です。
名付けの意味・そして縁ぱすへの想いは以下になります。

———

エンパスとは、非常に高い共感能力を持つ人のこと。

その言葉をモチーフに人と人の”縁”を大事にしたいのでエンパス部分のエンを”縁”にし
パスをカウンセリング・セラピーで大事にしたい温かみを考え文字をひらがなの”ぱす”に変換しました。

また、パスは複数の意味を含ませておりますが、その1つとして”パステル”があります。
パステルは、乾燥した顔料を粉末状にし粘着剤で固めた画材であります。

そんなパステルは、カラーをたくさんもつアイテム。
縁ぱすでは、カラーがモチーフのカウンセリング手法やセラピー手法を取り入れております。

パステルにはとても多くの種類があります。
また、パステル同様に人間にも多くの種類(パーソナリティ)があります。

そんな、ひとりひとりに適した手法を提供できるように努めるのが
私達”縁ぱす”の使命と思っております。