スターピープル・スターシード・スピリチュアル関連の情報はこちら

ガイドが教えてくれている『二極化とは』スピリチュアル観点の話。

言葉綴

【様々な】声を【お届け】するGクリエイター 雄介です。
いつも、縁ぱすに掲載の言葉綴をお読みいただきありがとうございます。

二極化

よく言われているのが
「目覚め」側と「眠り」側的な感じでしょうか。

言葉自体の意味はこんな感じ。
中心になる勢力が二つという状態になること。

二極化な思考

二極化な思考を自然にインプットされてきているように感じています。

かくゆう縁ぱす 雄介自身も激しくは無いにしろそのような感覚を抱いた時期もありました。

簡単に言えば、どちらを選んで生きたいか?
と言った感じで、それぞれが選んだほうが正でもう一方が逆であること。

もちろん、正と逆だから相反している部分は多いんですが…

それを最終的に「良いか、悪いか」に二極化思考になってしまうことに
違和感を感じるんです。

正が=良い
逆が=悪
逆が=良い
正が=悪

といったように…

提唱している人の多くは、どちらを選んでも良いとは言っているものの
結局は「選択」になるので一方が良いと思わせること。

意見を伝える側としては、その方が明確に伝わりやすいのでそうなることが多いと思います。

私が好きな…

この陰陽。

丸となり一体化しているんですよね。

何を言いたいかというと
二極化という話にとても大きな意味を持ちすぎている人もいて
例えどちらを選んだと選ばなかったとしても
同じ丸(地球)にいるってこと。

ガイドの教え…

さまざまな価値観を持っている人間が暮らすのが地球。
地球は違うものは別々に分けるということをするのです。

男女という性別という部分もそう。
大人と子供という部分もそう。

そこで、双方が持っていない部分を学びつながって手を取り合う
自身にない部分と向き合うのも地球の学びなのである

わかりやすい分類であれば接するのに違和感を持たないものも多い中
新たに作り上げた、作らされたような分類には拒否感が生じるようでしょう。

ただ、分類も魂という存在に戻るとき
別々に分けるという概念はまったく存在せず。
ですので、差別という感情も生まれない。

本当に地球は面白い学びの世界なのです。

選択を迫られることが多いのも地球であります。
その際に、他者の選択を認め合い…というと大げさですが
選択した意思を大事にしてあげて欲しいのです。

Aを選んだから敵
Bを選んだから味方

という観点は地球分断のよくあることなのです。

そこを気づいている人々はどちらとも手を取り合い
地球を生きしものとして良くしていくことを見ると良いでしょう。

最後に

直近で起きている
2極化

縁ぱす 雄介はどちらを選んでも本当に良いと思っています。
そして、自分自身の選択。

それは自分が自分の意思で選んだ

それだけ。

日本ってそれをさせてくれるので
ある意味良い試練というか学びの場だと感じます。

強制だってある場所もあるので。

日本を選んだことに意味があることも
忘れないでくださいね。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
アナタに素敵なご縁がありますように。

縁ぱす 雄介


タイトルとURLをコピーしました