スターピープル・スターシード・スピリチュアル情報サイトはこちら

やはりこの時期に物を言うのが○○

言葉綴

【魂】の声を【お届け】するアルマメッセンジャー 雄介です。
言葉綴をお読みいただきありがとうございます。

この時期も、いつでも「免疫」アップを!

免疫とは?

よく「免疫」という言葉を聞きますよね。
具体的な意味はいかがでしょう。

以下に引用させていただきます。

免疫とは、ヒトや動物などが持つ、体内に入り込んだ「自分とは異なる異物」(非自己)を排除する、生体の恒常性維持機構の一つである。一般に、薬物や化学物質などの排除には、肝臓の酵素による代謝が働くのに対し、免疫はそれよりも高分子であるタンパク質(ヘビ毒やハチ毒など)や、体内に侵入した病原体を排除するための機構として働くことが多い。特に病原体による感染から身を守るための感染防御機構として重要であり、単に「免疫」と呼ぶ場合には、この感染防御免疫のことを指す場合も多い。

免疫系は自然免疫(先天性免疫、基本免疫)と獲得免疫(後天性免疫、適応免疫)とに大別される。 自然免疫にはある特殊な細胞が備わっており、それらは侵入物が自己を再生産したり宿主に対し重大な被害をもたらす前に発見、排除し、病原体が体内で増殖して宿主に深刻な害を及ぼす前に対処する事ができる。

一方の獲得免疫は抗体や補体などの血中タンパク質による体液性免疫の他に、リンパ球などの細胞による細胞性免疫によって担われている。リンパ球には分化成熟して免疫グロブリンを産生するB細胞のほかに、胸腺で分化成熟するT細胞などがある。その他、食作用によって抗原を取り込んで分解してT細胞に提示する樹状細胞なども免疫機能の発現に関与する。これらの細胞は骨髄で産生され、胸腺やリンパ節、脾臓などのリンパ系組織での相互作用をへて有効な機能を発揮するようになる。

自然免疫も適応免疫もその効果のほどは自己と非自己の分子の区別ができる能力をもった免疫系かどうかにかかっている。 免疫学において自己分子とは、免疫系によって外来物質と区別できるような自己の身体要素のことである[2]。 反対に非自己分子とは、免疫系によって外来物質と区別される外来分子のことである。非自己分子の一つのクラスは、抗原(antigen; これはantibody generatorの短縮語である)と呼ばれ、特異的な免疫受容体に結合し、免疫応答を誘発する物質と定義される。

Wikipedia

長いですね…

簡単に言うと

体の中に病原菌だったり、ウイルス、毒素をもったものなどの異物が入ってきても、それに抵抗して打ち勝つ力。
また、異物(とまとめますね)と反応する抗体(病原体などの体内進入時に、特異的にそれと反応する物質として体内に存在する)を作って病気の発生をおさえて抵抗力を養うこと。

とイメージされるとわかりやすいかもしれません。

免疫アップを意識すると…

自分に優しくしている気持ちになります。

これ結構実は重要な事で、免疫アップが身体に良いから取り入れようという動機であったとしても

自分自身を労る結果へとつながります。

自分を大切にすること。
それが様々な暮らしの中で役に立ってきます。

免疫アップの○○

に囚われすぎるのも良くないのですが…
「これも、免疫アップのため」と許してみることもおすすめします。

例えば、嫌なことをよぎる時

「免疫アップのために嫌なこと考えるのやーめた」

とかです。

免疫アップ食材

免疫アップする~と言われている食材も美味しいもの多いですよ。

免疫アップのために食べよう

と考えてしまうと、美味しさ半減です。
食材を感じて体内に取り入れて…

あ、美味しい食材でついでに免疫アップ?

ぐらいな感覚でも良いかと思います。

よく、免疫アップのためにこれもあれも。
とそのための食はあまりおすすめしません。

素材そのものの美味しさも感じてください。

最後に

ですので、結構自分は好きなものを食べています。
「ヨーグルト」が好きで毎日食べているのと「納豆」も大好きですねー。

あとは、「ストレスを溜めないこと」これも大事ですよ。
この時期自宅にいる方も多いかもですが、その中でも楽しみを見つけてくださいね。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
アナタに素敵なご縁がありますように。

アルマメッセンジャー 雄介

タイトルとURLをコピーしました