スターピープル・スターシード・スピリチュアル情報サイトはこちら

温故知新

言葉綴

こんにちは。
【縁】を彩り【ぱすてる】でつなぐ”縁ぱす”です。

いきなりですが、「温故知新」という言葉ご存知ですか?

前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。古いものをたずね求めて新しい事柄を知る意から。▽「温」はたずね求める意。一説に、冷たいものをあたため直し味わう意とも。「故ふるきを温たずねて新あたらしきを知しる」または「故ふるきを温あたためて新あたらしきを知しる」と訓読する。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

故(ふるき)を温(たず)ねて新(あたら)しきを知(し)る
ってとても良い言葉ですね。

大事です。

なぜ、このような事を書こうと思った方というと、
自身のワークスの振り返りをしていて、ふとカセットテープについて
振り返る機会になったのです。

実は私の作詩ワーク作品の一つが2017年にカセットテープ化されまして、
それでの振り返りです。

そのカセットテープの商品としては、もちろん既存のカセットテープに加え
デジタルデータでもダウンロードができるというものです。

カセットテープやアナログレコードは自宅でゆっくり楽しみ
外出先ではスマートフォンでデジタルデータを楽しむ。

現代に合った商品ですね。

まさに、「温故知新」
アナログとデジタルを両立させた音楽生活ですね。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
アナタに素敵なご縁がありますように。

縁ぱす 雄介

タイトルとURLをコピーしました