言葉綴

かわいい御朱印帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。
【縁】を彩り【ぱすてる】でつなぐ”縁ぱす”です。

本日は「御朱印」についてのお話です。

御朱印とはなにかWikipediaからですが引用させていただきます。

朱印(しゅいん)は、主に日本の寺院や神社において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる。

複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)、御朱印帳(ごしゅいんちょう)、納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。大正時代ごろに生まれた屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと、古くからある和綴じ(和装本)のものが多く、寺社、仏具店、神具店や文房具店、書店などで販売されている。

私も2018年からですが、御朱印集めをはじめました。
御朱印帳も手に入れたのですが、とてもかわいい御朱印帳です。

東京都北区にある、七社神社の御朱印帳です。
イラストレーター・まんが家の高橋カオリ先生が書いてらっしゃるそうです。

2018年の夏は猛暑が続き、神社巡り・御朱印を頂く機会も減ってしまいそうですが、身体を第一にしたいと思います。
皆様もくれぐれもお体にはお気をつけくださいね。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
アナタに素敵なご縁がありますように。

縁ぱす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ